ブログ

糸始末

いつも気になっていた糸始末。

いろんな方法があると思いますが、ほとんどの方がボンドで固めて少し残して切っているようでした。

私はできるだけ編みこんでいるのですが、そうすると太くなると言われる方もいます。
もちろん、使う糸の太さや種類により明らかに見栄えが悪くなる場合は仕方ないのですが
どうも糸始末した跡が見えるのに抵抗があるのです。

 

私は基本編み込んで始末する方法を使っていますが、編み込んで始末するには、それなりの労力がいることになります。
ですので、裏が見えないものや負荷がかからないものはボンドで始末する方法と使い分けています。

 

 

yarn-settlement-1

 

 

 

 

上の写真は、分かりにくいのですが、シャトルを2つ使った2色使いのリングの最初のピコットの所まで編み込んでいます。

 

次にチェーンの部分を編み込んでいきます。

 

yarn-settlement-2

 

 

 

 

ピコットがある所まで編み込むのがいいのですが、このチェーンは長く続くので
5目ほどだけ編み込んでいます。

 

yarn-settlement-3

 

 

 

 

 

 

チェーンを結って、糸を切ったところ

 

yarn-settlement-4

 

 

そんなに太さに影響はないようです。

 

モチーフが出来上がり、最後の糸始末

 

yarn-settlement-5

 

 

 

 

1回結び目を作り、その上に少しボンドで補強します。

 

yarn-settlement-6

 

 

それから針を使って残った糸を編み込みます。
(※このモチーフは中のリングが表になるようになっているものです)

 

yarn-settlement-7

裏面

 

 

表面

表面

 

 

裏面は少しボコボコして見えますが、表には影響ありません。

制作中のショールもこの方法で糸始末ができるだけ目立たないように作っています。

 

もうひとつ製作中のビーズを使ったタティング

 

 

こちらは裏が見えない作りになっているので、心置きなくボンドを使っています。

 

yarn-settlement-11

 

 

裏面が見えないものになるので、がっつりボンド使っていますが(結構心配性)本当はもっと少しで大丈夫。
この方法はとても楽ですが、これをショールにやってしまうのには抵抗が・・・

 

技術面はまだまだですが、細部にこだわった性格は
祖母の和裁の縫製の美しさを見ていたからでしょうか、気になるのです。

 

とはいえ、本来雑い性格なんでケースバイケースなんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

    • Blanctulle
    • 2015年 2月 01日

    もっちいさんへ

    本当は、針を使って縫い込むのが正解なんですよね。
    ホント面倒臭いですよねー
    でも、仕上がりは綺麗だし、せっかく作ったものが解けるの悔しいので
    致し方ないですね(*^^*)

    私もまだまだ修行中なので、いろいろ教えて下さいね!

    • Blanctulle
    • 2015年 1月 27日

    yumibagさんへ

    またまたお上手を~(笑)
    yumibagさんもステンドグラスの仕上げには神経使われてるんじゃないですか?
    「ここで失敗しては」の世界ですもんね。

    人は自分と反対のものに憧れる(←私のことですよ)
    ガサツなんですけど、タティングだけは繊細にしたいものですわ~オホホ

    • Blanctulle
    • 2015年 1月 27日

    ティンカーベルさんへ

    きっと休んでも仕事のことが気になっちゃうんでしょうね。
    休んじゃえばいいのに。
    ボチボチで頑張ってくださいよ。

    几帳面なようで几帳面でない
    ただ、作るのが好きなんでしょうね~あたし

    息子のひっくり返った部屋を見ても
    見ないふり、見なかったことにできるんだから(笑)

    • 匿名
    • 2015年 1月 27日

    後始末は気が抜けませんよね
    後始末がきちんと出来てこその一つの作品ですものね
    やはりきっと繊細なんですよmerrymewさんは!
    だからこそ綺麗な作品に仕上がるのですね〜

    ワタシは最後に失敗する事よくあります
    ザンネンな性格デス。。。

      • Blanctulle
      • 2015年 1月 27日

      匿名さんへ

      コメントありがとうございます。
      繊細に映りましたか?実はそうでもないんですよー
      タティングに対しては何だか後始末に拘ってしまいましたが、
      絵具で絵とか書かせたら、最後はひどいものですよ。ホントに。
      あ、あと料理もそうかも・・・

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

アーカイブ

Google翻訳

ブログ更新のお知らせメール

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。メールアドレスは公開されません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。